保健師を目指すメリットとデメリット

医療関連の仕事は数多く存在していますが、その1つが主に保健指導を行う保健師です。看護師と比べると知名度は高くはありませんが、保健所や保健センターの他にも学校など様々な場所で働く重要な仕事です。すでに怪我や病気になってしまった人を治療する看護師とは違い、保健師は予防医療を行うのが仕事です。その活躍の場は年々増えており、看護師よりも離職率が低いのが特徴となっています。

保健師として働く大きなメリットとしては、看護師とは違って生活のリズムが安定しやすいということがあります。看護師は昼間だけではなく夜間も働くことがありますが、保健師は基本的に日中の仕事が主なので体力的な負担が少ないのがメリットとなります。生活のリズムが安定しているので子育てやプライベートとも両立させやすく、長く続けやすいというのも看護師には無いメリットと言えます。また、仕事場によっても違いますが産休や育休が取りやすいのも保健師の特徴の1つです。

看護師と比べた時の保健師のデメリットはいくつかありますが、その中でも大きなデメリットは給与が少ないことが多いということです。看護師と比べると生活リズムが安定して体に負担が少ない保健師ですが、その分給与は低くなってしまいます。また、保健師はカウンセリングなども行うので体力的な負担は少なくとも精神的な負担は多くなりがちです。コミュニケーション能力も必要不可欠となるため、苦手な人にとっては大きなデメリットとなることがあります。