健やかな毎日をサポートする保健師の仕事内容

医療業界には様々な仕事がありますが、中には一般に知られていない職種も少なくありません。性別や年齢を問わず全ての人が心身共に健康でいられるようにサポートをする保健師もその1つです。心身のサポートという役割から看護師と同じイメージを持たれたがちですが、保健師は看護師に必要な看護免許だけでなく保健師の国家資格も必要になります。主な勤務地は保健所や行政機関などです。そのほか、人によっては学校や民間企業などで働くケースも珍しくありません。

前述したように、保健師になるためには複数の国家資格が必須です。しかし、ただ資格を持っていれば良いというわけではありません。長く活躍していく上で求められる資質があります。特に重要となるのが人柄です。仕事を通して老若男女、様々な人と触れ合わなければいけないため、誰とでも分け隔てなく接して好まれるようにしなくてはいけません。常に明るい笑顔を絶やさずにコミュニケーションを取れるようにすることが保健師に求められる資質です。

この仕事は、病気や怪我を未然に防ぐ予防医療がメインとなるので、観察力も必要となります。初期段階では気が付き難く、ある程度進行してから自覚症状が出る病気も少なくありません。こうした発見が難しい病気を早い段階で発見できるどうかは、保健師の力が大きく影響します。観察力を養うだけでなく、できる限りたくさんの医療の知識を身に付けて、様々なケースに対応できるようにしておくことが大切です。