保健師の魅力はこんなところ

保健師として働く魅力をどのあたりに感じるかは個人によって異なるかもしれませんが、多くの人が感じやすいポイントはあります。まずは、保健師といっても様々なタイプがありますが、最も一般的な行政保健師の場合、公務員として働くことになります。やはり公務員は安定していると言えますし、長時間労働や深夜まで残業で帰れない、休日に出勤しなければいけなくなったなどといったことがほとんどありません。

産業保健師も行政保健師同様に残業などはほぼ無いと言われていますので、小さい子供がいる方やオンとオフをしっかり分けてプライベートも充実させたいといった人には非常に魅力的に感じるでしょう。病院や検診センターなどで働く保健師も残業は基本的に少ないですが、看護師も兼務するような場合は残業も多くなってしまいます。

また、保健師は離職率が非常に低い職種として知られています。魅力的な仕事でなければ離職率が低いということはありえません。残業や安定性などといった魅力以外にも、魅力的な仕事であるということが離職率からも見て取れます。色々な人がいるにも関わらず離職率が低いのは、それぞれに合った職場があるということでしょう。保健師のフィールドは非常に広く、地域包括センターや学校なども代表的な職場の一つです。長期的に働くためには自分に合った職場であることが重要になります。保健師であれば職場の幅が広く長期的に働きやすいということが言えるのです。